【ビーグレン】漂白成分でシミ消えた?副作用はない?

漂白剤を顔に塗る?

 

その昔、10年ぐらい前でしょうか、当時、会社にいた先輩社員が言っていた言葉が、今でも耳にこびりついています。

 

「美白ってさぁ、ハッキリ言って漂白剤を顔に塗っているワケだから、かえってお肌を傷めつけているのよね〜」

 

その先輩のお肌が、今、どんな状態になっているのか分かりませんが、わたしはずっと美白ケアに抵抗があったんです。

 

でも最近は、お肌に優しいアイテムがたくさん出てきたということもあって、今回のお試しをしようと思ったのですが、漂白成分入りのアイテムも使って他のアイテムと比較してみないと、良し悪しが分からないと思って、この商品を選びました。

 

image

 

ビーグレンのシミ取り効果は?【乾燥肌・敏感肌でも使える?】

 

 

 

ビーグレンのホワイトプログラムです。

 

このビーグレンのホームページを見ると、

 

「なるほどー」

 

とうなずいてしまいます。

 

ビーグレンの美白アイテムを開発したブライアン・ケラーという人は、この会社の最高責任者でもあるのですが、彼曰く、すでにできてしまったシミは、通常の美白化粧品では取り除けず、それができるのはシミを薄くする漂白型の成分「ハイドロキノン」だけ、と提唱しています。

 

image

 

これは皮膚科医も言っていることなので、間違いのないことなのでしょう。

 

一般のシミ取りアイテムには、メラニン色素が作られる過程をブロックすることはできる、つまり、新しいシミが作られることは防げるんだとか。

 

でも、今までもこのハイドロキノンが使われていたシミ取りクリームはあったはずなのに、なんで定番アイテムにならなかったの?

 

 

これは本当にシミが消えるかも!?

 

色いろと調べたところ、ハイドロキノンはシミ取りアイテムへの配合量を多くすると、お肌への危険性が高まる上に、お肌への浸透率が低いことが分かりました。

 

この2つの問題を解決したのが、このビーグレンのシミ取りクリームです。

 

これは、漂白系のアイテムを嫌うわたしでも、

 

「ぜひぜひ、試したい!!」

 

と思いました。

 

ビーグレンにもトライアルセットがありますが、お値段は1,944円とちょっとお高め。

 

しかも、“たっぷり“といっておきながら7日分しか入っていないので、これだと効果が出るか分かりません。

 

というワケで、今回もアスタリフト方式(もう1セット、母に頼んでもらって14日間お試し!)でシミ取り開始です!

 

ビーグレンのシミ取り効果は?【乾燥肌・敏感肌でも使える?】

 

 

ビーグレンいよいよ体験談スタートです!

分かりやすい説明書に感動!

 

商品は注文してから3日後に到着しました。

 

image

 

image

 

コスメの通販って、チラシとか定期コースの申し込み案内など、無駄な紙切れが非常に多いんですが、ビーグレンは実にシンプルな梱包内容。

 

それでいて、アイテムが入っているケースはプチ高級感があって、やる気が上がります!

 

image

 

image

 

ビーグレンのシミ取り効果は?【乾燥肌・敏感肌でも使える?】

 

 

 

こちらは商品パンフレットと説明書。

 

image

 

image

 

この説明書がとにかく分かりやすい!

 

image

 

image

 

あらためて、スキンケアの“いろは”が分かる内容になっています。

 

ビーグレンのシミ取り効果は?【乾燥肌・敏感肌でも使える?】

 

 

 

4つのアイテムに独自成分を配合

 

サンプルの内容は4アイテム。

 

image

 

ローション、エッセンス、ホワイトニングクリーム、モイスチャークリーム。

 

【ローション】

image

 

【ホワイトニングクリーム】

image

 

【エッセンス】

image

 

【モイスチャークリーム】

image

 

ビーグレンのシミ取り効果は?【乾燥肌・敏感肌でも使える?】

 

 

 

ビーグレンは4アイテムそれぞれに特徴があって、

 

  • ローションには独自成分「QuSome化ビタミンC」を配合し、角質へのうるおいを強力にしています。
  •  

  • エッセンスは紫外線で受けたダメージによって、肌にメラニン色素を生成させることを防ぐ「QuSome化アルブチン」を配合。
  •  

  • ホワイトニングクリームモイスチャークリームは、透明感を出すパワーがあり、お肌の白さを取り戻してくれます。

 

果たして、こうした成分がわたしのしつこいシミに効くのか?

 

ビーグレンのホームページに書かれていたように、すでにできてしまったシミは消えるのか?

 

 

使用開始1週間目で変化が!早い!

 

まずは、ビーグレンを使い始める前のシミの写真を公開。

 

image

 

image

 

ほほ骨の上のシミが、悲しいほど目立ちます。

 

口元のシミも、鏡で見るたびに憂鬱に。

 

ビーグレンのシミ取り効果は?【乾燥肌・敏感肌でも使える?】

 

 

 

では、マニュアルに沿ってビーグレンの各アイテムを塗ってゆきます!

 

最初は化粧水から。

 

【ローション(化粧水)】

image

 

image

 

両手になじませた後、顔を包み込むようにして押さえつけ、肌が吸い付くようになるまで待ちます。

 

image

 

次は美容液。

 

【エッセンス(美容液)】

image

 

image

 

ビーグレンのシミ取り効果は?【乾燥肌・敏感肌でも使える?】

 

 

 

美容液の付け方も、基本的にはローションと同じ。

 

肌をこするのは厳禁です!

 

 

続いてホワイトクリームとモイスチャーリッチクリーム。

 

【ホワイトクリーム】

image

 

image

 

【モイスチャーリッチクリーム】

image

 

image

 

ビーグレンのシミ取り効果は?【乾燥肌・敏感肌でも使える?】

 

 

 

この2つのアイテムのポイントは、おでこ、あご、両ほほ、鼻の5か所にクリームを置き、顔の内側から外側に伸ばしてゆくことです。

 

image

 

 

さて、こうしたケアを続けて1週間。

 

ちょっと見てください!

 

この写真を!!

 

image

 

一番目立っていたシミが、少し薄くなってきています!

 

これはいける!!

 

ビーグレンのシミ取り効果は?【乾燥肌・敏感肌でも使える?】

 

 

 

乾燥&敏感肌でも使えるビーグレン

 

ビーグレンは、乾燥肌でも敏感肌でも使える美白アイテムです。

 

わたしのように、年中お肌がカサついている女子でも、ビーグレンを1週間も使えばかなり肌状態が変わってきます。

 

使用感も非常によく、特にお肌への浸透というポイントに関しては、機能が非常に高いと感じました!

 

 

そして、ビーグレン使用開始から2週間。

 

気になるシミの状態は、ここまで改善しました!

image

 

image

 

唇横のシミもしっかりと色が薄くなっています!

 

「ハイドロキノン」という漂白成分、最初は気になっていましたが、こんなに効果が出るんなら、大歓迎です!!

 

もちろん、アレルギー反応はまったく出ませんでしたし、お肌にも異常なしです。

 

 

【ビーグレンの評価】

 

image

 

★★★★★★★★☆☆  10点満点で8点です。

ビーグレンのシミ取り効果は?【乾燥肌・敏感肌でも使える?】